Argus vDome

CANインジェクション攻撃による自動車盗難を防止

Argus vDomeはフリートオペレーター、保険会社、OEM向けの特許取得済みのAI搭載製品で、サイバー攻撃から重要なシステムおよび車両を保護し、キーレスエントリーやCANインジェクションによる自動車盗難を防止します。

Autosar Firewall Protection Software
今すぐ導入すべき理由

サイバー犯罪による車両盗難の防止 – 自動車業界における最大のサイバー犯罪課題に対応

自動車盗難は増加傾向にあり、「CANインジェクション」を用いたサイバー攻撃手法による盗難という最近のトレンドは、さまざまな市場の複数の自動車ブランド、フリートオペレーター、保険会社、自動車オーナーに影響を及ぼしています。

製品の特長

自己学習

どの車両にも自動的に適応し、事前のマニュアル設定が不要

未来への備え

継続的なアップデートサービスによるライフタイムを通じた保護

CANインジェクションによる自動車盗難を防止

不正デバイスが重要なシステムを操作する前に、200マイクロ秒以下でブロック

エラーなし

誤検知はほぼなし

アフターマーケット向け

すでに路上走行している何億台もの自動車の保護が可能

導入の要因

  • サイバー犯罪による車両盗難の被害を受けるブランドの増加
  • 保険料の上昇
  • 車両運行会社の財政的損失
ARGUS VDOMEの機能

サイバー犯罪による車両盗難の防止

Argus vDomeは、不正なデバイスから送信される悪意のあるCANメッセージを検出し、リアルタイムでブロックすることで、イモビライザーやセンターロックシステムなどの車両システムを保護

検知&防御

不正なデバイスからの不正なメッセージを200マイクロ秒以下で自動的に検出・ブロック

ネットワークプロトコル

CANおよびCAN-FDプロトコルの両方に対応

柔軟なデプロイメント

パラレル及びシリアル統合に対応

最小限のフットプリント

ホストプロセッサ、メッセージレイテンシ、ネットワーク利用率などのリソース消費に影響なし

サイバー犯罪による車両盗難からの保護

Argus vDomeは、不正なデバイスを検出しリアルタイムでブロックすることで、自動車業界における最大のサイバー犯罪の課題の1つに取り組んでいます

アルガスの製品を見るargus
can bus cyber security

Host IDPS

PosixベースのECUに高度な侵入検知・防御機能を追加し、ソフトウェア・デファインド・ビークルのリスクを低減し、コンプライアンスを推進します。

grid

Vehicle vulnerability management

UN R155 や ISO/SAE 21434 などの規制や標準に準拠し、財務、安全、プライバシーのリスクを低減するため、ライフサイクルを通した脆弱性管理を実現します。

asterix

VSOC

テクノロジー、プロセス、プレーブック、知識を統合した車両セキュリティオペレーションセンターにより、何百万台もの自動車を保護している専門知識を活用できます。

triangle icon can bus cyber security

Ethernet IDPS

包括的なネットワーク監視、脅威の検出、攻撃防御をECUライブラリ、またはスイッチのファームウェアにあらかじめ統合して、車載ネットワークを保護します。

automotive cyber security - icon

CAN IDPS

CANネットワークトラフィックを監視し、異常や脅威の兆候を検出し、DoS攻撃やブルートフォース攻撃などの重大なリスクを防止することができます。

Argus CAN Protectionは世界中の自動車の安全をサポートしています