Argus TARAとサイバーセキュリティ・アーキテクチャデザイン

車両アーキテクチャ、システム、コンポーネントに対する脅威分析とリスク評価(TARA)

アルガスは、開発の初期段階から堅牢なサイバーセキュリティを組み込んで、セキュア・バイ・デザインの車両アーキテクチャを実現させます。ISO 21434とASPICEに準拠した包括的な手法を用いた当社のサービスは、脅威分析とリスク評価(TARA)、サイバーセキュリティコンセプト、セキュリティ要件仕様、アーキテクチャレビューなどを網羅しています。

サイバーセキュリティにアルガスのTARAが選ばれる理由

開発の段階からお客様のシステムのセキュリティ体制を把握し、正確性と先見性をもって防御を強化します。

TARAとセキュリティコンセプト

設計による車両アーキテクチャのセキュリティ確保

アルガスは、脅威分析やリスクの特定・分類・評価を実施し、規制に準拠するよう車両のアーキテクチャ、システム、コンポーネントのワークプロダクトの作製をサポートします。TARAの実施後、緩和方法や対策の提案を含めたセキュリティコンセプトと目標を定義します。

セキュリティ要件

セキュリティコンセプトの実践

車両のすべてのコンポーネントとシステムにTARAを実施し、セキュリティコンセプトと目標を定義した後、サイバーセキュリティ要件のドラフトを作成、定義します。こうした要件はセキュリティ要件仕様に記録され、セキュリティメカニズムの開発に使用されます。

アーキテクチャ・レビュー

車両エコシステムの最終チェック

型式認証の取得に向けて、アルガスは企画車両のE/Eアーキテクチャとコネクテッドサービスインフラストラクチャの包括的な事前監査を行います。解消されていないセキュリティギャップを特定し、現実的な修正手順を提案します。

アルガスが選ばれる理由

実践的なリスク分析

リスク分析を最適化することで、リスクに的確に対処すると同時に、実践的で費用対効果の高いアプローチを行います。

ベストプラクティスの手法

当社のTARAやセキュリティコンセプトの手法は、ISO 21434およびASPICEの規格に準拠し、監査機関や規制当局の審査・承認を受けています。

マルチレベルのTARAアプローチ

ティア1や自動車OEM向けにアルガスが何十回も実施してきたTARAは、車両、コンポーネント、システム、ソフトウェアの各レベルを対象とするマルチレベルのアプローチです。

お客様の業務に合わせた柔軟なサービスモデル

アウトソーシング

当社の経験豊富なサイバーセキュリティエンジニアがプロジェクト単位でお客様の組織に参加し、優れた専門知識を提供することで、柔軟な人員配置が可能になります。

お客様によるスコープの定義

特定のサイバーセキュリティ対策を講じる必要がある場合や、独自の要望がある場合には、お客様が定義したスコープに当社が対応します。

サービスとしてのサイバーセキュリティ部門

お客様の組織のサイバーセキュリティ部門となり、製品開発ライフサイクルにおけるあらゆるサイバーセキュリティ対策をワンストップで提供します。

アルガスのサービスを見る
can bus cyber security

自動車用ペネトレーションテスト

ペネトレーションテスト、脆弱性リサーチ、修復など自動車サイバーセキュリティの世界的リーダー

grid

UNR 155およびISO21434サイバーセキュリティ・コンプライアンス

カスタマイズされたプロセスとエキスパートによるガイダンスで、自動車のサイバーセキュリティの包括的なコンプライアンスを達成

Host Protectionは世界中の自動車の安全をサポートしています。