自動二輪車向けUNR155およびISO21434サイバーセキュリティコンプライアンス

オートバイ、スクーター、電動自転車に求められる包括的なサイバーセキュリティ規制準拠に向けたカスタマイズされたプロセスとガイダンス

アルガスは二輪車メーカーおよびティア1サプライヤーがUNR 155 あるいはISO 21434により義務付けられた管理システムを確立するサポートをしています。二輪車メーカーは、アルガスのCSMS、ISO 21434コンサルティングサービス、自動車型式認証サポート、サイバーセキュリティメンテナンスフレームワークを通し、包括的なコンプライアンスを達成することができます。

ARGUS CYBER SECURITY COMPLIANCEアルガスのサイバーセキュリティコンプライアンスが選ばれる理由

規制遵守、型式認証取得に向け、信頼できるパートナーとして、お客様の目標に合わせた専門家によるガイダンスを提供

二輪車向けCSMSのコンサルティングとコンプライアンス

UNR 155コンプライアンス要件への対応

当社の専門家がメーカーと連携し、CSMSやUNR 155に基づく車両およびECUレベルでの型式認証要件を満たすのに必要なプロセスを確立します。CSMSサポートには、ギャップ分析、プロセスの定義と実装、事前監査が含まれます。

ISO 21434のコンサルティングおよびコンプライアンス

ISO 21434コンプライアンスに対するメーカーからの需要に対応

ISO 21434委員会の一員であるアルガスは、ISO 21434規制に精通しています。当社は、サイバーセキュリティインタフェース協定(CIA)の実装や認証取得のサポートなど、をティア1に求められるサイバーセキュリティプロセスの分析と構築の支援をいたします。

型式認証

万全の態勢でサイバーセキュリティ認証に臨む

型式認証監査に向けてメーカーがサイバーセキュリティの申請準備をする際の支援策として、アルガスは車両レベルとECUレベルのコンプライアンスを達成するために必要なすべての文書(CIA協定、TARA、脆弱性管理レポート、V&Rレポートなど)を収集して適切な体裁に整えます。

サイバーセキュリティメンテナンスフレームワーク

車両のライフサイクル全体を通じたサイバーセキュリティ保守

UNR 155では、車両のライフサイクル(最長10年)を通してサイバーセキュリティメンテナンス(CSM)が義務付けられています。アルガスは、脆弱性スキャン、イベントモニタリング、インシデント対応、修復、新リリースの配信など、CSMに関連するタスクの計画・実施でメーカーをサポートします。

アルガスが選ばれる理由

総合的な理解

アルガスは、自動車サイバーセキュリティのライフサイクルとCSMSプロセスに精通し、お客様のコンプライアンスや型式認証のあらゆるニーズに対応します。

包括的なコンプライアンス

規制、プロセス、E/Eアーキテクチャのエキスパートからなる経験豊富なチームが、お客様のUNR 155/156およびISO 21434コンプライアンスプロジェクトを全面的にサポートします。

規制に対する専門知識

CSMS認証や型式認証など、UNR 155/156およびISO 21434のコンプライアンスプロジェクトに関する深い知識と幅広い経験を兼ね備えています。

お客様の業務に合わせた
柔軟なサービスモデル

サービスとしてのサイバーセキュリティ部門

お客様の組織のサイバーセキュリティ部門となり、製品開発ライフサイクルにおけるあらゆるサイバーセキュリティ対策をワンストップで提供します。

お客様によるスコープの定義

特定のサイバーセキュリティ対策を講じる必要がある場合や、独自の要望がある場合には、お客様が定義したスコープに当社が対応します。

アウトソーシング

当社の経験豊富なサイバーセキュリティエンジニアがプロジェクト単位でお客様の組織に参加し、優れた専門知識を提供することで、柔軟な人員配置が可能になります。

アルガスのサービスを見る
circles icon

Argus TARAとサイバーセキュリティ・アーキテクチャデザイン

車両アーキテクチャ、システム、コンポーネントに対する脅威分析とリスク評価

can bus cyber security

自動車用ペネトレーションテスト

ペネトレーションテスト、脆弱性リサーチ、修復など自動車サイバーセキュリティの世界的リーダー

Host Protectionは世界中の自動車の安全をサポートしています。