米EVメーカー、FiskerがアルガスをOcean SUV製品ラインの優先的サイバーセキュリティパートナーに採用

米EVメーカー、FiskerがアルガスをOcean SUV製品ラインの優先的サイバーセキュリティパートナーに採用

先駆的EVメーカーが、Argus CAN IDPS(侵入検知・防御システム)を採用し、UNR 155および中国GB/Tの型式認証を取得

イスラエル、テルアビブ、2024年2月7日 – 自動車サイバーセキュリティの世界的リーダーであるアルガスサイバーセキュリティは本日、世界で最もエモーショナルで持続可能な電気自動車を創造するというミッションを持つ先駆的なEV車メーカーであるFisker Inc.(以下、フィスカー)に複数の自動車サイバーセキュリティ製品とサービスを提供したことを発表しました。特に、Argus CAN IDPS製品は、フィスカーの革新的な電動SUV車ラインである「オーシャン」の型式認証取得に役立ちました。

規模に関係なく、OEMやEVメーカーは、UNR 155、ISO/SAE 21434、中国のGB/Tといったグローバルな指令を含む自動車サイバーセキュリティ規制に準拠するため、サイバーセキュリティ能力を強化しています。UNR 155は、OEMに対し、車両のライフサイクル全体にわたってインシデントとリスクを監視するよう求めています。具体的には、UNR 155と中国のGB/T自動車サイバーセキュリティ基準は、CANバスネットワークを監視するための詳細な侵入検知要件とユースケースを規定しています。

フィスカーのCISO兼DPOであるAlexander Bermudez氏は、以下のように述べています。「UNR 155および中国のGB/T規格へ準拠することは、サイバーセキュリティの型式承認を求めている欧州およびその他の非米国市場という、当社の製品発売戦略において重要な要素でした。アルガスは、急成長するEV市場のサイバーセキュリティニーズを理解しており、CAN IDPSの実装を成功させるために、彼らの専門知識とガイダンスが頼りになりました。」

「EV市場はモビリティの未来を象徴しており、フィスカーは持続可能な自動車技術の最先端にいることは明らかです。当社のCAN IDPS製品は、すべての『フィスカー オーシャン』SUVに搭載され、フィスカーの車両サイバーセキュリティ・アーキテクチャーの重要な構成要素となり、関連市場における自動車サイバーセキュリティ規制を満たすことが可能になります」とアルガスのセールス担当VPであるZeev Farkash氏は話しました。

アルガスのCAN IDPSは、CANトラフィックをリアルタイムかつルールベースで解析でき、EV特有の新たな脅威を含めて、潜在的な脅威や異常を特定することを可能にし、車両の運用に影響が及ぶ前にリスクをプロアクティブに軽減することが可能です。テスト段階で、フィスカーとアルガスは、運用に際し、誤検知を最小限に抑えるために異常を検証し、バックエンド(VSOC)システムに送信されるイベント量を調整しました。

CAN IDPSと並行して、アルガスのサービスチームは「フィスカー オーシャン」のIVIシステム内にAmazon Alexaを統合するためのセキュリティ認証でフィスカーを支援しました。 アルガスは、Alexa統合のための公認セキュリティラボとして世界で初めてアマゾンから認められた自動車サイバーセキュリティベンダーです。

Fiskerについて

カリフォルニアに本社を置くフィスカー社は、自然と調和したモビリティを設計・開発しており、自動車業界に革命を起こしています。すべての人にクリーンな未来を、という情熱的なビジョンと、世界で最も持続可能でエモーショナルな電気自動車を創造する、というミッションを掲げています。詳しくはFiskerinc.comをご覧ください。

アルガスサイバーセキュリティについて

アルガスは、自動車サイバーセキュリティのグローバルリーダーとして、自動車メーカーやサプライヤーに車載およびクラウドベースのサイバーセキュリティ技術を提供し、自動車のコンポーネント、ネットワーク、フリートがそのライフサイクル全体を通じて安全で規制に適合できるよう支援しています。

アルガスは、コンチネンタルの技術子会社であるエレクトロビットの一部であり、世界中のOEMおよびTier-1にサービスを提供する独立ブランドとして位置づけられています。

アルガスのイノベーションとソリューションは、数十年にわたるサイバーセキュリティと自動車に関する研究に基づいています。当社は、取得済みと申請中を合わせて100件以上の特許を所有しています。

2014年に設立され、アルガスは本社をイスラエルに構え、米国、ドイツ、フランス、日本、韓国にオフィスを展開しています。

多くの運転者に私たちが安心をお届けしている方法について