自動車のためのDevSecOps:ソフトウェア・デファインド・ビークルの迅速な市場投入を実現

自動車のためのDevSecOps:ソフトウェア・デファインド・ビークルの迅速な市場投入を実現

従来、サイバーセキュリティは自動車開発において後回しにされてきました。しかし、ソフトウェア・デファインドの世界では、「シフトレフト」アプローチとして知られるように、開発プロセスの早い段階でセキュリティを統合することが重要です。この積極的な戦略を取ることで、開発中に問題を特定して対処できるため、コストを削減し、量産後のセキュリティのリスクを最小限に抑えることが可能です。

DevSecOpsは、DevOpsの原則を拡張し、ソフトウェア開発ライフサイクル全体にサイバーセキュリティをシームレスに組み込みます。脆弱性を早期に検出し、対応するこの積極的なアプローチにより、セキュリティを早い段階で組み込むことができます。

このホワイトペーパーでは、Argus の 自動車向けDevSecOps プラットフォームが SDV 開発の複雑性を回避し、コストを削減し、製品の市場投入までの時間短縮にどのように役立つかをまとめています。

内容:

  • 開発プロセスの早い段階でセキュリティを統合することの利点を探る。
  • SDVソフトウェアの複雑な統合を品質を保ちながら管理する方法を学ぶ。
  • 効率的で安全なコード開発のための戦略を理解する。
  • コンプライアンス要件を満たすための洞察を得る。

右側のフォームに必要な内容を記入してください。追って、ダウンロードリンクをメールで送信いたします。

多くの運転者に私たちが安心をお届けしている方法について