コンプライアンスを損なうことなく、サイバーセキュリティの型式認証取得を加速するためにできること

コンプライアンスを損なうことなく、サイバーセキュリティの型式認証取得を加速するためにできること

2024年7月には、すべての新車種または継続生産車種が、サイバーセキュリティに関するUNR155型式認証の対象となります。

型式認証要件を満たすには、特にコネクテッド車両やSDV(ソフトウェアデファインドビークル)の到来により、メーカーは車両の設計、開発、運用、保守のプロセスにおいて、サイバー耐性を組み込む必要があります。

このウェビナーでは、少量生産自動車メーカーにおける型式認証の課題に取り組んできたVolta Trucksと、ATEELからゲストスピーカーをお迎えし、その貴重な洞察をお話しいただきます。自社のプロセスを最適化し、サイバー耐性を強化し、費用対効果の高い方法で型式認証を取得するために実行できることについてご紹介いたします。

内容:

  • 新興自動車メーカーに特有のサイバーセキュリティ・コンプライアンスの課題
  • CSMS導入を加速するためのベストプラクティス
  • サイバーセキュリティ型式認証で陥りがちな落とし穴
  • シングルおよびマルチステージの型式認証を行う際の検討事項

*動画の視聴には右側のフォームを記入いただき、「視聴する」ボタンを押して送信してください。おってリンクを送付いたします。
なお、動画は英語のみの配信となりますので、日本語概要を同時にダウンロードできます。

多くの運転者に私たちが安心をお届けしている方法について