fbpx

Argus Vehicle Vulnerability Management

ネットワークに接続し、ソフトウェア駆動型の車両が増える中で、ソフトウェア脆弱性は、公共の安全を確保し、サイバーインシデントによるブランドダメージの防止に努める自動車メーカーにとって大きな懸念となっています。このニーズを反映した UNR 155 は、自動車メーカーに、車両のライフサイクル全体において脆弱性を特定し、対応することを要求しています。車両の脆弱性管理向けに設計された、Argus Vehicle Vulnerability Management (VVM) は、車両アセットの脆弱性監視、高リスクポイントの特定、即時軽減計画の提供を行います。革新的なインテリジェンス駆動型ツールセットにより、任意の時点でリスクの影響度を簡単に把握できます。OEM は、各脆弱性の正確な影響分析と共に、どのソフトウェアパッケージがどの ECU に、どの車両において影響を受けるかに関するインサイトが迅速に得られます。

主な特徴

フルインテリジェンス状況

車両サイバーリスクの影響度を把握

リスクの優先順位付け

最も重要な問題を把握

迅速な対応

検出から対応までの時間を短縮

比類なき可視性

 ソフトウェア部品表 (SBOM) がなくても脆弱性を検出

コンプライアンス

UNR 155 や ISO/SAE 21434 などの新しい規制や規格に適合

自動車に関する専門知識

数万時間の自動車サイバーセキュリティ研究に基づいたテクノロジーを活用

slm-diagram-jp-v2

主な特徴

slm-dividessite

自動車向けのアセット管理

自動車サプライチェーンのあらゆるレベルにおいて完全な車両アセットインベントリを維持

自動脆弱性調査

SBOM およびバイナリイメージに基づいた、すべての車両アセットにおける公共および個人の脆弱性の調査

影響分析と自動優先順位付け

ホワイトリストへの自動追加や情報のフィルタリングにより誤検知を最小限に抑え、最も重要な脆弱性を優先化

軽減に関する推奨事項

利用可能なパッチとその信頼性における情報などの実用的な推奨事項を取得し、迅速かつ効果的な修正が可能

知識管理ツール

すべてのサイバー関連のドキュメントを 1 つの場所に保存、アラート、調査、軽減からインサイトを共有、セキュリティ進捗状況のマッピング、ギャップの特定

型式認証プロセスのエビデンスとレポート

UNR 155 型式認証により要求されるサイバーインシデント、リスク、軽減アクションの詳細なレポートを提供