auto-cyber-security-solution-suites-v1

自動車とコンピューターの専門家が自動車向けに設計した、機能別にモジュールでありつつ組み合わせることで多層防御を構成できるアルガスソリューションがハッキングの脅威から自動車を守ります。自動車サイバーセキュリティに関して、51件の画期的特許を取得しています(一部出願中)。

Argus Connected ECU Protection

マルウェアのインストール防止、オペレーティング システム(OS)の異常検知、悪意のあるアプリケーションの停止、車載ネットワークへのサイバー被害の拡大防止によりインフォテイメントやテレマティクス ユニットを守るだけでなく、車外との安全な双方向通信を確保します。様々なプラットフォーム(Linux/QNX/Android など)で動作するARGUS Connected ECU Protectionは、自動車の攻撃対象領域(アタックサーフェス)を守ります。

 

ARGUS IN-VEHICLE NETWORK PROTECTION

攻撃や怪しい動作、車載ネットワークのふるまいの変化を検知して、車載ネットワーク全体のセキュリティを保ちます。ネットワークの中心に配置したARGUS In-Vehicle Network Protectionがネットワーク通信全体を精査し、ネットワーク内で起きている攻撃を阻止します。CAN、CAN-FD、FlexRay、イーサネット(SOME/IP、DoIP など)など幅広い通信プロトコルをサポートし、現在主流のものだけでなく将来の車両アーキテクチャも守ることが出来るソリューションです。

ARGUS EMBEDDED ECU PROTECTION

ブレーキ、先進運転支援システム(ADAS)、ドアコントロール ユニットなど主要なデバイスに組み込まれたECUのセキュリティ強化し、ECU内外からの攻撃を防ぎます。ECUにアルガスのソリューションを組み込むと、車への攻撃を検知・防御するだけでなく、サプライチェーンの中で侵入した攻撃やその他の経路から侵入したマルウェアも検知し無効化することが出来ます。正規アプリの機能に影響を与えることなく、省スペースで動作するARGUS ECU Protectionはほぼ全てのECUをサポートします。

 

ARGUS FLEET PROTECTION

クラウドに更なるセキュリティ層を追加することで、将来に渡って車両の安全を守ることが可能になります。アルガスの車載ソリューションやその他のソースからのデータを収集し分析を行います。遠隔監視・操作をしたり、またはセキュリティ オペレーション センター(SOC)に統合することで、直観的なダッシュボードを使って車両のサイバー状態を管理できます。ARGUS Lifespan Protectionは、自動車から収集したデータを分析することで今まで知られていない未知の攻撃や脅威のトレンドの予測、防止するツールを提供します。